エルメス高額買取サイトを調べようと思った理由(自己紹介も含めて)

はじめまして、当サイトの運営管理者の千夏です。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。

これから、エルメス高額買取サイトを徹底的に調査した結果を、一つずつ丁寧に書いて行こうと思いますので、楽しみにしていてください。

まずは、エルメス高額買取について述べて行く前に、なぜ私がこのようなサイトを作ろうと思ったのか、自己紹介や経緯を含めてご説明させていただければと思います。

 

自己紹介

あらためまして、千葉県在住の千夏と申します。

現在、32歳、独身女性です。

出身は北海道札幌市で、某千葉にある国立大学外国学科を卒業しています。

大学卒業後、都内のアパレル業界に勤めていたのですが、入社3年目に福岡に転勤を命じられ、福岡に5年近く住んでいました。
実は訳あって、この7年間勤めていた会社を退職せざるを得ない(というか、会社の経営が悪化したため会社の存続自体が危うくなったのです)状況となり、地元である札幌に戻るべきか、学生時代に住み慣れた関東に戻るべきか悩んだ挙句、そのまま、福岡のあるIT会社に転職をしてしまうという目的のない30代を迎えてしまいました。

アパレルからIT業界は、全くの畑違いのように思われるかもしれませんが、実は私は前職のアパレル会社在籍中に、社内システムの企画・設計に携わっていたこともあって、IT業界への転職はそんなに畑違いではありませんでした。

と申しますか、おそらくあなたはIT業界と聞くと、何かプログラム開発やシステム構築をイメージされてしまうかもしれませんが、私が転職したIT会社は社内の数名はプログラムを書いている人もいましたが、開発業務はほとんどをアウトソーシングしており、IT会社といっても中身はITシステムの企画がメインだったために、畑違いどころか、それまでの経験が活かせているというわけです。

このサイトを作っている今時点も、私は転職したIT会社にお世話になっていて、実は現役バリバリのOLですw

では、なぜそんな私がこのようなサイトを立ち上げたのかと申しますと、、

それは私のちょっとした趣味、、と申しますか、、、

あるブランド品の収集癖が酷くて、、、、、、部屋中がそのブランド品だらけになってしまって二進も三進も行かなくなってしまったというわけです。

そのブランドというのが、当サイトのメインテーマでもある

 

《エルメス》

 

というわけですw

あなたは「エルメス」と聞いて何を思い浮かべますか?

2頭の馬車を思い浮かべる方は、そのロゴはイメージが間違っています。
※おそらく、それはリーバイスのパッチのデザインですwww

エルメスは1棟の馬車ですね♪♪

そして、その下に独特のフォントで「HERMES」という刻印が打たれ、その下には「PARIS」と小さく刻まれているわけです。

私は、このロゴに完全に頭が逝ってしまった女子なわけですw

では、エルメスで有名なものといえば、何だかわかりますよね?

はい、ご存知『バーキン』です。

私の部屋には、どこかの品評会なのかと錯覚してしまうほどのいろどりみどりなバーキンが所狭しとひしめき合っていて、足の踏み場はもはや畳半畳くらいしかなかったのです。
※「じゃあ、どうやって寝ていたの?」というツッコミはナシでお願いします。^^;;

こんなことを書いていると、「あなた単なる自慢話がしたいだけなのね」と思われてしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。

むしろ、全くその逆で、私のこのエルメス(バーキン)収集癖をあなたの力で解き放していただきたい位なのです。

普通に考えてみてください。大学卒のOLの初任給なんて、手取りで20万円もありませんよね?ましてや私は、今でこそIT企業に勤めているので、そこそこのお給料をいただけていますが、23歳当時の初任給は手取りで16万円を切っていましたし、ボーナンスなんてほんの数万円の寸志だったのです。

こんな私が、どうしてバーキンも何個、いや何十個も持っていると思いますか?

もうわかりますよね?

カードローンです。

ボーナス払い金利ナシといううたい文句に釣られて、最初に買ったピンクのバーキンとの出会いが、その後の私の人生を変えてしまったのです。

150万円以上もするピンクのバーキンの容姿に魅了されてしまった私は、6畳1間の和室の畳部屋の上に、ひざ掛けを広げて、そのピンクのバーキンをそっと置いた見つけた時に、私の中の脳ミソは完全に狂ってしまいました。

その夏、勢いで買ってしまったピンクのバーキンですが、当然ですが、冬のボーナスで支払わなくてはならないわけです。

どう考えてもそんなお金なんて用意できるわけもなく、私は10月の下旬から夜のお仕事を始めてしまうのでした。

夜のお仕事を始めると、周囲の女の子たちは、みんなそれぞれの高級ブランドに身をまとい、いつしか私のバーキンもナインナップが増えて行き、夜の仕事から抜け出すことが出来なくなりました…。

32歳を迎えた現在、年齢的にも限界が訪れた私は夜のお仕事からも卒業せざるを得なくなり、ふと現実に戻った時には、婚期ギリギリで借金まみれになった自分がそこにいたというわけです。

そして、、

 

「バーキンを売る!」

 

私は、そう覚悟を決めたのでした。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

エルメス高額買取調査サイトを作るに至った経緯について

上記の「自己紹介」で、当サイトを立ち上げた理由についても触れましたが、ここでは立ち上げた理由以外に当サイトを作成しようと思うに至った経緯についてお伝えしたいと思います。

 


エルメスとの別れの決断 ~エルメスの断捨離には、私なりの覚悟が必要だった~

今、私の目の前には数々のエルメス・コレクション(特にバーキン)が並んでいます。

これらは、私の夜のお仕事に対するモチベーションになっていたことは事実です。

正直、私はこれまでの人生でこんなに一生懸命に生きて来たことはありませんでした。

たった一つ、ピンクのバーキンの購入が引き金となり、私は夜の世界でてっぺんを目指すようになったのです。

エルメスは、私の青春そのものといっても過言では無いかもしれません。

そのエルメスとの別れは、決して単なる高級ブランド品を現金化するといったプロセスではない、私の中では大きな覚悟と決断の行動なのです。

だからこそ、当サイトでその決意を記す上でも、当サイトを立ち上げたのです。

 

調査記録として残すことで、買取額の取り残し(買取損)をしないようにした

「エルメスとの別れの決断」では、私自身の心の内面を強く示しましたが、実際の買取を施行する上では現実問題として買取価格を最大限上限値で引き揚げる必要があります。

査定によって、たった一つのバックだけで5~10万の差が出る、それがエルメスのバーキンなのです。

よって、ここはどこの買取サイトが一番高価な買取価格を提示してくれるのか、その結果をきちんとエビデンス化することが重要だと感じ、当サイトを立ち上げたのです。

 

高額買取ノウハウを販売もしくはアフィリエイトできると思った

最後に、私自身の今後の展望を示しておきます。

私は、「自己紹介」の箇所でも示したとおり、今現在、福岡の某IT会社に勤めています。

最近は、社内でプログラム開発よりも、マーケティング事業に力を注ぐようになっており、広告代理店のような事業展開を行う案件が多くなってきています。

その中で感じたこととして、全てのアイデアがインターネット上では売れる商材となるということです。

私は今回当サイトを立ち上げましたが、このサイトでのコンテンツ(記事)が増えることで、今後はこのコンテンツを体系的にまとめて、デジタルコンテンツとしてノウハウ販売が可能になると思っています。

また、ノウハウを販売しなくても、エルメスの高価買取を行ってくれるサイトをご紹介差し上げることで、私自身へキックバック(アフィリエイト報酬)が発生する仕組みも作れるようになると睨んでいます。

 

今後の予定

アパレル業界に長く居た私ですから、エルメスの価値は普通の方以上に理解できているつもりです。

ざっと私の自己紹介と当サイトを立ち上げた理由や経緯をお伝えしました。

今後は、当サイトを価値あるサイトに仕上げて行こうと思います。

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

千夏

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です